5次元への道のり

2010年からチャネリングをされているダニエルさんのサイトから一部内容を翻訳して掲載させて頂きます。

今回は、憎しみ、恐れ、決めつけといったネガティブな感情や思考を持ってしまったときはどうすればいいのか、またどうしてネガティブな感情や思考を持つのかが明らかにされます。

どうぞお楽しみください。



https://danielscranton.com/the-way-you-are-ascending-to-5d-%e2%88%9ethe-9d-arcturian-council/

こんにちわ。私たちはアルクトゥルス評議会です。皆さんとつながることができてうれしく思います。

現在、私たちは低い波動を手放す過程にいます。私たちは、9次元の非物理的存在ですが、アセンションする為にこの過程が必要なのです。皆さんが低い波動を持っているように、私たちにとっても低い波動は存在します。そして、皆さんが浮かぶために重いものを手放す必要があるように、私たちも手放す必要があります。今、すべては相対的であり、私たちにとって低い波動は、皆さんにとっては高い波動になります。

皆さんは、憎しみ、恐れ、決めつけ、偏見、怒り、絶望を手放しています。低い波動の中でも最も波動が低いものを手放しているのです。皆さんは、これらの感情を手放すだけでなく、これらの思考や信念も手放しています。何かを手放すときは、その手放す対象の存在に気づく必要があります。何かを手放そうとするときに、正面から取り組んでいないものを、手放すことはできないのです。つまり、憎しみを手放す為には、憎しみを感じる必要があります。したがって、憎しみを感じることは、スピリチュアルではないということではありません。自分が拘っている決めつけに気付いても、目覚めに繋がらないというわけではありません。怒り狂ったとしても、アセンション・パーティーに招待されないというわけではありません。

現在は、憎しみ、恐れ、決めつけ、偏見、怒り、絶望を最後の1つの問題として経験する時であり、これらを手放す時、重さやデンス(密度)が軽くなったように感じられます。あなたは軽い身体になります。あなたはアセンションし、ハイヤー・セルフになります。これらの感情、思考、信念、決めつけを無視して、アセンションし、ハイヤー・セルフになることはできません。あなた自身の内に、これらのものが存在しないふりをしてそこに到達することはできません。なぜなら、あなた方は、白く輝く光であり、人間とソースのこれらの汚く卑しい側面を、自分自身の存在に許容することがなかったからです。

自分の感情や自分の行動を含めた他のすべてのことについて、皆さんが感じている羞恥心を手放す時です。羞恥心はあなたの役に立っているのではなく、誰かに対するあなたの決めつけは、常にあなた自身の側面の決めつけなのです。そのため、決めつけを持ちつつも、自身の決めつけを恥じることなく、さらにアセンションの過程に居ながらにして、自分自身の決めつけを手放すことができるのです。あなたはアセンションを行っているのです。これらの側面があなたに存在すると認めるとき、あなたはあなた自身と全人類の重荷を軽くしているのです。これらの側面は、確かに存在します。

自分自身の憎しみ、恐れ、決めつなどをわざわざ思い出して吟味する必要はありませんが、他の人達にも存在するように、あなた自身の中にもこれらの感情や思考が存在することを認める必要があります。それが進化してアセンションする方法です。それは私たちが知っている唯一の方法です。

エイリアンが宇宙船に乗ってきて、あたたを5次元の楽園に連れ去るということを話している人々がいることは知っていますが、私たちが伝えているのはそのような話ではありません。私たちの話は、それほど魅力的な話ではありませんが、私たちが伝えていることの真実味をあなた方が感じることをできると知っています。 5次元の世界への架け橋は、すべて思いやりであることを知っています。ネガティブさの全て、その重苦しさ、そして人間としての存在の中で耐えてきたすべての恥を経験しなければならならなかったということを理解することで、その架け橋の建設を始めることができます。

私たちはアルクトゥルス評議会です。あなたとのつながりを嬉しく思います。


Translation and Pulication Permitted by Daniel Scranton.

人類を奴隷状態から解放する方法

2010年からチャネリングをされているダニエルさんのサイトから一部内容を翻訳して掲載させて頂きます。

今回は、生活の為に一生懸命働かなくてもよくなるのはいつ頃からか?、という内容について具体的な年数が明らかにされています!

どうぞお楽しみください。


https://danielscranton.com/how-you-are-freeing-humanity-from-enslavement-%e2%88%9ethe-9d-arcturian-council/

こんにちわ。私たちはアルクトゥルス評議会です。皆さんとつながることができてうれしく思います。

生活する為に何かをしなければならない、という状況がなくなるまでにどの位時間が掛かるかを計算しました。そして計算の結果、今から約5年掛かると結論付けました。単に食べるためなどに働く必要が無くなれば、もっと自分のやりたいことを追及できるようになるでしょう。

5年後には、絵を描きたい人は絵を描き、歌を歌い人は歌い、本を書きたい人は本を書けるという自由が訪れるでしょう。心の求めるままに、より多くの自由な時間を過ごすことができるようになるでしょう。他の次元の存在と繋がる時間も取ることができるようになるでしょう。

自由な時間が少ない状況は、日々の生活で15分間の瞑想を行うことさえも困難なものにしてきました。その為、本来の自分自身を探求し表現することさえも難しくしていました。現段階において、自由な時間が沢山ある人すべてが、自分自身の探求を行っているというわけではありません。しかし、この日々の多忙という奴隷状態から自由になるには、到達すべき意識レベルがあるのです。

自由になれる意識レベルに達したとき、人生は食欲や物欲を満たすだけではないという事実に、より多くの人々が目覚めるでしょう。すでに目覚めた人々は、自分自身の探求をすることで、日々この意識レベルを高めているのです。自分自身を表現し、自分の感情に素直になり、自然と、地球と、動物たちと繋がってください。

自分自身を探求することいよって、全人類が進化し、自由になれる意識レベルに到達することができます。政治活動や新しい経済システム、あるいは現状維持派を打倒することによって、この意識レベルが達成されるわけではありません。直感に従い、あなた自身の声を聴くことによって人類の意識を変化させることができるのです。周りの人々に対して、自分自身に素直になり、自分自身を表現することで人類の次のレベルである5次元へと進化を促すことができるのです。私たちは皆さんが順調に進化していく様子を観て愛おしく感じています。

私たちはアルクトゥルス評議会です。あなたとのつながりを嬉しく思います。


Translation and Pulication Permitted by Daniel Scranton.

2020年に向けた巨大なエネルギーの流れ

Youtubeでエクアドルのトサ・ブルー・マウンテン(アンデス山脈)からスピリチュアル情報を発信されているシュリ&キラさんの2020年1月のアセンション情報を要約&翻訳してお伝えさせて頂きます。

2020年1月、今年1年、さらにこの先10年は、経験の期間だということだそうです。

どうぞお楽しみください。



https://www.youtube.com/watch?v=-GyvIpqES5E

こんにちわ。シュリ&キラです。

胸に手を置いて、今この時に感謝を、この1年に感謝を、この10年に感謝をしましょう。

2020年の1月は、非常に多くのことが明らかになります。キーワードは、「タイムラインに即した目に見える変化 (visionally transformation through timeline adaptation)」です。 自分のハート(感情)に触発された変化が起こるでしょう。どうぞこの変化を受け入れてください。

2020年の1月、2020年、そしてこの先10年は、経験の期間になります。今この時のエネルギーを感じてください。そして、自分のマインド(思い込み・偏見・先入観などの意)を手放してください。

今月は一歩踏み出すように誘(いざな)われるでしょう。どうぞハート(感情)に従ってください。あなたがハート(感情)に従うことによって、他の人も同じようにハート(感情)に従うようになります。

更に、今月はエネルギーに満ちています。ですので、逆に意識レベルの低い3次元的な見方をすると、今月は絶望に満ちています。自分が何かを絶望的に、悲観的に見ていると気づいたときには、自分の意識レベルが落ちているということに気づいてください。

2019年は意識レベルが上がり、愛の年でした。今年は信頼の年になります。愛は自分のハート(感情)の源泉です。そして、信頼も愛と一体のものであり、信頼によって見知らぬ道を歩むことが可能になるのです。
若すぎるとか、年より過ぎるとか、知識がないとか、そういうことはすべて忘れてください。そして今、どうぞこの時をハートに従って過ごしてください。


あとがき。

いかがでしたでしょうか。今回要約にあたり、何度もYoutubeで聴き直してみたのですが、何度となく「今、この瞬間を感じてください (feel the present)」という言葉が使われており、バシャールを彷彿させました。

今月は、「一歩踏み出すように誘(いざな)われる (called to step forward)」というわけで、私も今月からスピリチュアル・ブログ執筆に誘われてみようと思います。どうぞ今後ともよろしくお願いいたします。


Supported by Sri&Kira.